経営難となった時に利用する事業者ローンの活用方法

不動産を担保にする

模型と紙幣

資金を借りる方法

様々な理由で資金が必要になった場合、金融機関等からローンで借り入れる方法が一般的ですが、その方法には様々なものがあります。個人が借りるカードローンや法人が借りるビジネスローンなどは担保や保証人が必要ない場合が多く、一時的にお金を借りる手段としては一般的です。しかし、その分だけ金利が高くなっており、15%を超えるようなケースもあります。そういったローンに対して、不動産担保ローンと呼ばれるものは、その名のとおり、不動産を担保として資金を借り入れるものであり、金利を低く抑えることができます。不動産の資産価値にもよりますが、不動産担保ローンであれば、借入可能額が大きくなることも特徴です。無担保で波1000万円程度が限界ですが、不動産担保ローンであれば億単位まで借入可能です。

借入はまとめるとお得

カードでお金を借りる場合、金利がとても高くなります。そもそもカードによる借入額はそれほど大きくなりませんので、金利負担を重く考えないかもしれませんが、数百万円単位の借入になってくると金利もそれなりに大きくなります。不動産担保ローンのように、担保を入れてお金を借りる場合であれば、貸し倒れがない分だけ金利が低くなりますので、カードローンがある場合には、不動産担保ローンにまとめてしまう方法がお得です。高い金利のローンを支払い続けるよりも、不動産を担保に借金を清算してしまう方が、長期的にみるとお得なのです。不動産担保ローンは、借入額も大きいため、複数のカードローンをまとめてしまえるので、返済計画も立てやすくなります。

Copyright © 2016 経営難となった時に利用する事業者ローンの活用方法 All Rights Reserved.